FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「ニード・フォー・スピード」観ました

久しぶりのPCからの投稿フッフウ。
画像投稿しない記事はPCからのほうがめっちゃ効率上がるからね。
画像投稿の時はスマホの写真をPCに移すのが億劫なので文字入力は面倒だけどスマホ使ってるね。
最終的にはおとなしくPCに画像移したほうが普通に高効率なんだけどそんなことしらんわ。
あとくっそ久しぶりに家のPC使ったらタイプミス多すぎてくそわろです。
ていうかPCからだとついつい前置きが長くなってしまいがちですね、気を付けなければ。
あとスマホより改行少なくなって読みにくいと思うけどごめんよ、我慢してくれまたえ。

てことで今回の話題は「映画」!
TSUTAYAで「ニード・フォー・スピード」をレンタルして参りました。

知っている人は知っているニード・フォー・スピード(以下NFS)
EAが出しているレースゲームのシリーズです。
俺が初めて購入したのはホットパースートでしたね。
それにどハマリしてから結構やってます。
最近のはややゲームのセンスが悪くなってる気がして心配です。

まあ今回はゲームの話は置いときます。
映画ですね映画。

とりあえず最後までみた感想を簡潔に述べるのなら「全体的にはつまらないが、部分的には面白い話」でしたね。
どういうこっちゃって感じですがまあ、もうちょっと詳しく言うならば、見てる時は結構面白く感じるんだけど、話が後になってくるほどあまり面白いストーリーじゃないなーって思ってきます。
その瞬間だけなら面白いけど、前後の話を繋げちゃうとちょっとね...

じゃあ詳しく映画のお話をしていきましょうか。
ネタバレは極力回避で、あまりストーリーに触れずに話そうとおもいます。

まずこの映画、CGを使っておりません。
なのでレースシーンがやや迫力にかけていると感じるかもしれませんね。
ですがその分、とても現実的な映像になっていると思います。

そして登場車種。億単位の値段がする車がわんさか出てきます。
先に言ったとおり、この映画は実写。
ですがこの映画、結構車が壊れます。
なので流石にレプリカです。
ですがもちろん言われないと気づかないと思いますよ。
ていうか言われてもわからないです。見た目自体は全く一緒。

元がゲームだっただけに、映画の要所要所でゲームのNFSを彷彿とさせるシーンがあったりします。

登場する車はもちろん、警察の使う装備や、コースまでゲームをやっている人なら「あ、意識してるのかな?」ってなるところがあったり。

それと車の挙動。
速さより派手さ重視っぽいドリフトをしてましたが、俺個人が感じたこととして、映画の見栄えもあったのかもしれませんが、本家NFSのど派手な爽快感あるドリフトを再現してくれたのではないかと思います。
えらくゲームっぽい走りをしてるように思ったので。

とりあえず、ストーリーが別段悪いわけでもなく(良いとまでは言えないかもしれないが)、ワイルドスピードと違って超高級車がバンバンでてくるような映画なので、一見の価値はあるかもしれませんね。
ゲーム経験者なら尚更。

以下は若干のネタバレを含みますので、ネタバレOKな人だけ読んでください。



序盤で主人公達がカスタムしたマスタングでレースをしに走るのですが、そのマスタングでフラグを立ててたくせに最後のレースではマスタングを使わないのにはツッコミたかった。
まあ、最後のレースは最後を飾るだけあってランボルギーニやケーニグセグなどの超高級車が出てくるレースだったので、そこにマスタングというのもどうかと思いますけどね。



それと、今日はもう一つ記事を書くのでお楽しみに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。