FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこびる辛麺

どうも、先日コンビニで日清のとんがらし麺を発見した佃煮。です。
突然ですが自分、シーフードが嫌いなんですよね。
けどそのとんがらし麺が正にシーフードだったんで買いませんでした、てへ。

俺の中ではもう明星の不戦勝ですよ。

てことで明星のすこびる辛麺、食べてみました。

ちなみにこのすこびる辛麺の「すこびる」って何だと思いますか?

...このブログの読者なら知ってて貰いたい!
そう、すこびるとは「スコビル値」の「スコビル」から来てます。
...てかまあ、発音的にはスコヴィルなんじゃね?と思いますがまあそこはどうでもいいや。

名前の由来は分かったけどそもそもスコビル値ってなんぞやというそこのあなた、デスソース一気飲みを推奨します。

ちなみにデスソースはホットソースの上位互換みたいなものです、名前の由来は心臓発作で死人が出たからだとか。

さて、少し話がズレましたがこのスコビル値、説明はカップ麺横に書いていました。

けど写真撮ってませんでした。
てことで説明↓

スコビル値とは、唐辛子の辛さを量る単位である。
被験者(通常五人)に唐辛子のエキスを砂糖水に溶かしたものを飲ませ、辛味を感じなくなる倍率をスコビル値としていた。
最近は機械でカプサイシンの量を測ってそれをスコビル値に変換できるらしいけど変換方法を知りませんごめんなさい。

と、いうことです。
まあつまりは辛さの値です。

そしてこのスコビル値から名前をとったすこびる辛麺、さぞかし値も高いのでしょうというわけで、パッケージに書かれていた数値がこちら。


1800スコビル値

うーん、確かに辛そう。
四桁もいっちゃってますからね。
要はこの麺のスープを1800倍に薄めないと辛味が消えないってことですからね。

では、更に分かりやすくすこびる辛麺の辛さを感じて貰うために他の食べ物のスコビル値を書いてみます。

0...ピーマン
500~2500...パプリカ
600~1200...タバスコ・グリーンペッパー
1800...タバスコ・ガーリックソース、すこびる辛麺
2500~8000...ハラペーニョ
1万5000~9万...一般的な催涙スプレー
6万...フロストバイト(白い激辛ソース)
10万~35万...ハバネロ
18万...最も強力な催涙スプレー
156万9300~220万...キャロライナ・リーパー(世界一辛い唐辛子)
1600万...純粋なカプサイシン、一番辛いデスソース(16 MILLION RESERVE of 6 AM RESERVE)

なるほど...つまりスープがタバスコに変わったラーメンみたいなものですか...
くぅ~!これは辛そうだぜ!

と、いうことで実食。


色はかなり赤かったですが、今までみたのに比べればソフトでした。

味は、他のよりはまろやか。
やはり痛みを感じるレベルで辛いのですが、比較的ましで頑張れば食えるレベルでした。

1800スコビルってのは見掛け倒しだったのでしょうか。
ちなみに美味しくもなかったです。

てか美味しいって感じたのは激辛ペヤングくらいです。

他は便乗しただけのただ辛さしかない不味い麺でしたぶっちゃけ。

てことで予想以上にすこびる辛麺がネタになりませんでしたが今日の記事はここでおしまいです。

びっくりでしょ?俺もびっくり。
ちなみに1600万スコビル値のデスソースは液体じゃなくて結晶、触れるだけで火傷し口に含めばあの世、見えちゃうかもよ?な一品です。

どこかで見かけたら味わってみてはいかがでしょうか。
999個の数量限定なのでまず出会えませんが。

それでは、また今度。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。